|||| 議論ボード ||||


  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃戻る  
385 / 964 ←次へ | 前へ→

ローラ・ヒレンブランドの『アンブロークン』
 ダッチ・カイザー  - 14/12/10(水) 17:39 -
  
こんばんは、ダッチ・カイザーと申します。

『フューリー』公開の熱が冷め止まぬうちに、新たな戦争映画が巷で話題になっておりますね。太平洋戦争でのアメリカ兵捕虜を扱った映画『アンブロークン』の映画化は、賛否両論を巻き起こしているようです。

戦争において残虐性は不可避なもので、それは時代や場所を選ばないものです。しかし、自国の歴史問題を鑑みれば、「まあ、よくあることだからなあ」と他人事で済ますのも難しいようにも思えます。
日本軍の捕虜の扱いに関しては、肯定的な意見もあれば否定的な意見もあるので一概に答えを出すことはできません。これは日本だけでなく連合国にも言える話でしょう。

皆さんは、今回の『アンブロークン』映画化に関してどう思いますか?

引用なし
パスワード
838 hits
<Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS 8_1_1 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (K...@KD106160019013.ppp-bb.dion.ne.jp>

ローラ・ヒレンブランドの『アンブロークン』 ダッチ・カイザー 14/12/10(水) 17:39
┣ Re:ローラ・ヒレンブランドの『アンブロークン』 ささき 14/12/11(木) 16:21
┗ フューリーだって(フューリーネタバレ注意) きっど 14/12/11(木) 21:00

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃戻る  
385 / 964 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.5.1 is Free.